mzn 妄想 camp

キャンプに行く暇がないパパの妄想ブログマガジン

キャンプ入門 BBQグリル買うならこれでしょっ!

キャンプ入門 BBQグリル買うならこれでしょっ!

キャンプやBBQで使うグリルはLOWとHIGHどっちがいいの?って迷いませんか?

僕は両方のタイプを持っていますが、キャンプ行く時はLOW?BBQの時はHIGH?そういうわけでもないし。。結構迷うんですよねぇ。。で、いつもなんだかんだ言って使用頻度が高いのがLOWスタイルのグリルかなぁ?

で、どういう時にどっちを使ってたかなぁ。。って考えてみたら何となく使い方の基準が見えてきたので、これからどっちを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。あくまで僕の価値観なので参考までに。。

アウトドア&スポーツ ナチュラム

まったりキャンパーには LOW style

基本的に僕がよく使っているのは LOW style だということに気付いてしまいました。。

LOW styleのグリルは地面から近いので必然的に低い体勢で肉を焼いたりすることになるんですけど、多分これが悪いんでしょうねぇ。。LOW styleのグリルで作業してる時って、もうその場所からあまり動かない感じなんですねぇ。。というのは、その体制から「よっこいしょっ」って立ち上がるのがめんどくせ~ってなるんです。

これ、「わかるぅ~。」って声が聞こえてくるでしょ?

僕の場合は子供がある程度ほっとける環境でキャンプやBBQをする時はLOW styleなんです。もちろんお酒も飲んでいるので、「お~い、危ないからそっち行くなよぉ~!」って声をかけて、動きません。。。駄目なパパですねって思うかもしれませんが、これがLOW styleマジックってやつですよ。

これ、「わかるぅ~。」って声が聞こえてくるでしょ?

本当に動かなくなっちゃうんですよ。気持ちは動きたいんですけどね。。だから必然的に、まったりしちゃうんですよねぇ~。

ちょっと前置きが長くなってしまいましたが、それでは御紹介しますね。

一生使い倒すならスノーピーク焚き火台&グリル

現代においても人は炎に対してくつろぎを覚え、ゆらめき舞い上がる炎を眺めているだけで満たされた気持ちになる。焚火は古くから生活の中心にあり、暖を取り、灯りをもたらし、調理のための貴重な熱源でもあった。スノーピークは、焚火をもっと身近なものにしたいと焚火台を開発。撮影やプライベートで行くキャンプ場には直火での焚火跡が多く残り、地表にダメージを与えないで焚火を楽しみたいと考えたからだ。設営は折り畳まれた焚火台を開いて地面に置くだけ。逆三角錐のデザインは薪や炭の燃焼を促す。サイズはS・M・Lの3タイプで、人数やスタイルに合わせて選ぶことができ、オプションのブリッジを使えばネットやプレートをセットして焚火、炭火料理を楽しむことができる。

スノーピーク(snow peak) 焚火台Mスターターセット
スノーピーク(snow peak)
焚火台Mスターターセット

スノーピーク(snow peak) 焚火台Mスターターセット
icon●内容:焚火台本体+炭床pro+焚火台ベースプレート+焚火台コンプリート収納ケース
●【焚火台本体】 ●材質:ステンレス ●サイズ:W450×D450×H300mm
●収納サイズ:560×640×32mm ●重量:5.3kg
●【炭床Pro】 ●材質:鋳鉄(クリア塗装)
●サイズ:W310×D310×H20mm ●重量:3.9kg
●【焚火台ベースプレート】
●材質:スチール(黒塗装)
●サイズ:W450×D450×H9mm
●重量:1.9kg●【焚火台コンプリート収納ケース】
●サイズ:W700×D590×70mm ●重量:0.6kg

 

スノーピーク(snow peak) グリルプレート黒皮鉄板
スノーピーク(snow peak)
グリルプレート黒皮鉄板

 

スノーピーク(snow peak) グリルプレート黒皮鉄板
icon
●サイズ:330×500×35㎜
●材質:2.5㎜黒皮鉄板、クリアー防腐塗装
●重量:3.6㎏

 

 

スノーピーク(snow peak) 焼き網Pro.
スノーピーク(snow peak)
焼き網Pro.

 

スノーピーク(snow peak) 焼き網Pro.
icon
●材質:スチールクロームメッキ
●サイズ:484×352×19mm
●重量:1.56kg

 

 

焚火台グリルブリッジ
焚火台グリルブリッジ

 

僕が個人的に思う、LOW styleでは日本最高峰の焚き火台&グリルでは無いかと思います。ガッツリ焚き火したいときは僕も欲しいと思うが、なにしろ値段の方も最高峰クラス。。一番上のセット(重さ11.1kg)だけでなんと19800円。。申し訳なさそうに誤っているつもりですが、とんでもない値段だ。そして上から2番目の鉄板(重さ3.6kg)が3790円、3番目の焼き網の重さ1.56kg)が4700円。。最後の極め付けが焚き火台グリルブリッジが4800円って。。。合計33090円って。。税込み35737円。。色々やろうとすればするほどお金は掛かるのは分かるが、、、グリルにこの金額を出す気も、金もないけど、「どうかしてるぜぇ~っ」て、言いたくなりますねぇ。

 

焼き網とプレートは適当な代用品を考えられるが、グリルと焚き火台の2つの用途があっても僕にはサクッとポチっなんて出来ない。金はいくらでもあるから良いものを買いたいという人には最高の商品ですが。。

これを一生使い倒す気があるのなら決して高すぎる買い物とは思はないのも事実。。丈夫なだけに重過ぎる気もするがモノだけは確かな品質です。モノづくりに関してはどこにも負けないプライドを感じますね。

もはやファミリーキャンプの定番ロゴスピラミッドグリル EVO

ロゴス 焚き火 バーベキュー ダッチオーブン料理 1台3役 ピラミッドグリル EVO
ロゴス 焚き火 バーベキュー ダッチオーブン料理 1台3役 ピラミッドグリル EVO

総重量:(約)3.2kgサイズ:(約)39×39×26cm
焼網サイズ:(約38×38cm収納サイズ:(約)41.5×26.5×8cm
主素材:[本体]ステンレス[スタンド]スチール(クロムメッキ)
[網]スチール(クロムメッキ)[灰受け皿]亜鉛メッキ鋼板

●12inchダッチオーブンが使用可能(※オーブンの形状によっては使用できない場合もあります)
●2~6人用
●ピラミッドグリルがフルモデルチェンジしました
●灰受け皿 標準装備
●焚き火、バーベキュー、ダッチオーブン料理、3つの楽しみがこれ1台でOK!
●簡単!10秒組立て、10秒収納
●収納サイズは極薄コンパクト
●キャリーバッグ付き

ロゴスのピラミッドグリル EVOはファミリーキャンパーやお洒落キャンパーが増える中、着々と売り上げを伸ばしていったヒット商品です。その魅力は一つ、お洒落であること。一つ、軽量でコンパクトであること。一つ、多機能であること。

これがファミリーキャンプや女子キャンプに人気の理由かな?僕もデザインは好きだし、迷ったけど。。

僕も実はロゴスを買おうか迷っていた時期があったのですが、僕は次に紹介するグリルをshopの方に進められて買いました。ロゴスを購入しようかなぁ~って今、思っているなら、ちょっと待ってくださいネ。

僕はいつもブログ記事を書いている時にとても気を付けていることがあります。それは間違った情報を読者に渡さないこと!

しかし、どんな商品にも良いところ、悪いところっていうのはあると思います。それも踏まえたうえで実際に手にして使ってみなければ分からないこともあるし、ある人によっては良いものであったり、ある人には悪いものになる可能性もあるのでそれはご勘弁くださいネ。

僕も分からないことは分からないので、知らないことは徹底的に調べます。ただ、書いている最中に知らなかったことを発見することも当たり前にあります。皆さんに知ってもらうために記事を書いていることで、自分も勉強させて頂いていると思っています。まだまだ未熟ではありますが。。もし間違ったこと書いてしまっていたらコメント欄に、「まちがってるぞ!」とご連絡くださいますよう、この場を借りてお願い申し上げます。

ってことで、、、今さっきロゴスピラミッドグリルの評判を集めたサイトがあったので詳しく見たい方は、こちらで確認してください。知ってるかな?NEVERさんです。レビューだけをまとめてくれてあります。アウトドア&スポーツ ナチュラム

【口コミまとめ】ロゴスの焚き火台良い所悪い所【本当の評判】

 店員さんありがとう!ユニフレーム ファイアグリル

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル
icon
サイズ
使用時: 430×430×330(網高)mm
収納時: 380×380×70mm
材質/焼網: 鉄・クロームメッキ
本体: 18crステンレス
脚: スチールパイプ
重量/2.7kg
耐荷重:20kg

 

焚き火だけでなく、焚き火・炭火料理が楽しめるファイアグリル。
43cm角の平らな炉面で、ダッチオーブン料理の際、火加減のコントロールが容易にできます。
簡単な組み立て、コンパクトな収納。

僕も愛用のユニフレーム ファイアグリル。やっぱりどう考えてもこれだった。コンパクトさで言ったら、もちろんロゴスピラミッドグリルには勝てません。丈夫さで言ったらスノーピークには勝てないかもしれません。いや、絶対に勝てないでしょう。。けど値段で言ったら勝てちゃいましたぁ。。ってやっぱり値段かよぉ~って思ったでしょ?

期待に沿えなくて申し分けありません。

このユニフレーム ファイアグリルは滅茶苦茶使えるんです!?

ホントのホントです。

セッティング早い!深さばっちり!炭入れ超楽!+アルファ

僕がユニフレームを買った理由はただ単純に、店員さんに勧められたからです。

あの時、ロゴス買っていたら、、このファイアグリルを知らなかったら、、って思うと本気で「アリガトー!」って店員さんに伝えたいくらいです。

じゃあ何が良いって。

セッティングの速さ

これは正直どうでもいいかなぁ。。スノーピークにしろ、ロゴスにしろ、実際はそんなに変わらないしどれ選んでも1分なんてかからないから、そこまで考えないでいいでしょう。

深さばっちり!炭入れ超楽!

僕が思うに、グリルの深さって重要なんですよ。深すぎると炭を多く入れなきゃならないし(非常にもったいない)、浅すぎると炭をうまいこと並べたりしないと入らないんですよねぇ。。そんで網が浮いちゃってガタガタのまま肉を焼くという悲しい状況。。分かります?しかも近火になるから肉真っ黒け!

このファイアグリルは深さ7センチで、ロストル(丸い穴が開いた薄い鉄板、空気の流れを良くするための底上げ材)を載せて、さらに赤丸に対して焼き網を載せるためグリルの四隅にも空間が出来ます。この絶妙な高さと四隅の炭入れスペースが最高に便利です。ロストルから網焼きの高さが丁度いいから火の管理が最小限で済むし、火が足りなくなれば四隅からぶち込める。この網をいちいち動かさなくていいという便利さ、本当に最強です。こんな簡単な作りに見えたから、僕もどうなの?なんか焼き網も危なくね?って思ってましたが、全く問題ありませんでした。なんだかんだ下の足も四点で付くことで凄く安定します。

僕はある程度、広いサイトではこんなセットで使っています。グリルに対してテーブルが少し広いですが、僕の使い方には理由があるので後で説明しますね。

コールマン ファイアープレーステーブル
コールマン ファイアープレーステーブル

■サビに強いオールステンレス製

■軽量、コンパクト収納

■簡単セットアップ、簡単撤収

■収納ケース付き

 

Coleman(コールマン) ファイアープレイススタンド
Coleman(コールマン)
ファイアープレイススタンド

Coleman(コールマン) ファイアープレイススタンド
icon
●材質:スチール
●サイズ:約78×78×140(h)cm(使用時)、約13×13×58(h)cm(収縮時)
●重量:約3.2kg
●耐荷重:約20kg
●付属品:チェーン、ぺグ、収納ケース
●原産国:中国

●焚き火をグレードアップする安定性抜群の4本脚スタンド
●焚き火台とファイアープレイステーブルを組み合わせて囲炉裏風に
●荷重により固定されるストッパーでチェーンの長さ調節も簡単
●地面にペグダウンできるループとペグ付きで安心

 

 

FGポットハンガー
ユニフレーム FGポットハンガー

大人だけでやるキャンプはユニフレームのコンパクトなFGポットハンガーがあるので、こういったものも楽でいいと思います。

なんだかんだ言っても、キャンプって荷物を軽くしてコンパクトにしたいもの。どういったキャンプにしたいかによって荷物も変わるので難しいところですが、今の自分が理想とするキャンプ道具を選ぶことがポイントですね。

ユニフレーム囲炉裏テーブル の画像検索結果 ⇦ クリックしてもらうとLOW style でテーブルを使ったイメージが良く分かると思います。

突然話は変わりますが、僕はこうやって記事を書きながら妄想してしまっているので、1記事がなかなか進みませんね。。僕の記事投稿が遅すぎるのは、「はぁっはぁっ、はぁっはぁっ。」って舌を出しながら途中でネットサーフィンしてしまうからですね。

だからなんだっ!?って?   すみません。。。  ちょっと休憩しただけです。。

ところで+アルファってなんじゃいっ?

なぜ僕が上のコールマンのセットで使っているかというと、テーブルやスタンドはたまたまコールマンを先に買ってあったからコールマンなんですけど、このセットは小さいお子さんがいる方には凄くいいってこと!が分かりました。

キャンプってなにも子供の為だけにやってるってわけでもないんですけど、どうしても子供のことを考えてあげないと危ないんですよね。普段の生活と全く違う環境にテンションマックス状態!!そんな子供たちを見れるのも親としてうれしい限りなんですが、暴走モードに入った子供たちはいつどこで何をやらかすかわからないっ!これは LOW style・HIGH style 問わず言えることなですが、本当に子供って無我夢中になると何も見てない。。皆さんも「はっ!!」とする瞬間ありますよね。そんなときにファイアグリルを囲んでくれるテーブルがあれば、子供がよじ登っていかない限りは大丈夫!火元へ近づくことが出来ません!

更にこのテーブルの高さが子供たちにピッタリ!そして目の前は横長のテーブルになるから必然的に遠くのモノを手を伸ばして取らなくていいというのも非常にミソです。焼いたものをそのまま皿にのっけて置いとける。

あっすみません。またなんですけど、書いていてだいぶ疲れてきてます。。けど、まだ一つ凄く便利なことがあるので書いときます。文章に疲れが見えてきてしまっていたらご免なさい!

実は僕、このグリルを2つ持ってます。この2つを重ねて収納できるので、収納サイズが1つでも2つでも殆ど変わらない!!これ、奇跡でしょっ!!僕もそんなこと知ってて買ったわけじゃないですよ。何も考えてなくて焚き火用にも買っとくかぁ~なんて買って、さぁ~っなんて、キャンプの支度をしていたら なにこれぇ~!!めっちゃハマるやんけぇ~っ!!目ん玉1回、床に落ちましたよ。。すみません。うそです。。

しかし、他のグリルはパタパタとたためるので確かにコンパクト!

ファイアグリルはたためない!?

そう、、たためないことのデメリットと思っていたことが、メリットだったんです。グリルの深さが7センチあることを利用でき、2セット分のロストルと脚がスッポリ入っちゃいます!!

あぁ~~っここまでお伝え出来れば本望です。。後半はグダグダになってしまいましたが、僕が伝えたかったことはお伝えできたかな?と思います。。。

ちょっと長すぎましたね。。反省。。

本当は HIGH style スタンダードな奴もご紹介するつもりでしたが、読者さんも道連れにするわけにはいきません。

HIGH style スタンダードな奴は別の記事でご紹介しようと思います。

今回の記事でご紹介したグリルはどれも素晴らしいものだと思います。そしてキャンプ道具は自分の工夫次第ではとても使いやすくなったりもします。ただ今回のユニフレームのファイアグリルに関しては全ての面でバランスが良く誰にでも愛される商品ではないかと思います。

ちょっとしたことが凄い使いやすくて、かゆいところにに手が届くって感じが最高に気に入っています!

アウトドア&フィッシング ナチュラム
icon機械があれば使ってみてね!

店員さん アリガトー

僕の記事が参考になっていただければ幸いです。

だから、、+アルファってなじゃいっ?

お後がよろしくないようで。

COMMENT FORM

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK