mzn 妄想 camp

キャンプに行く暇がないパパの妄想ブログマガジン

初めてのキャンプ キャンプに必要なモノって?part 2

初めてのキャンプ キャンプに必要なモノって?part 2

さて、キャンプに必要なモノって? part 2 ということで早速ご紹介していきますね。主に4人家族を想定した記事になってますので参考にしてみてください。

初めてのキャンプ キャンプに必要なモノって?part 1


⇑ ご覧になっていない方はこちらもご覧になってくださいね。

では、part 2 いってみましょう!

ランタン

コールマン ランタン 2500 ノーススターLPガスランタン レッド 2000015521 【日本正規品】
コールマン ランタン 2500 ノーススターLPガスランタン レッド

キャンプ場の夜はランタンの灯りがないと真っ暗です。ファミリーキャンプでは最低でも2つのランタンを用意した方が良いですね。欲を言えば3つ欲しいところですが。。ランタンの種類は主に3つあります。LEDランタン、ガスランタン、ガソリンランタンです。初心者の方が用意した方がいいランタンはLEDランタンとガスランタンが良いと思います。
一つはメインランタンとしてガスランタンが必要です。基本的にガスランタンはテントの外で使います。光量、熱量が強いのでテント内で使うのは非常に危険なので辞めておきましょう。ガスランタンはあなたのサイトの全体を照らし、またテントから距離をとることで虫を遠ざける役目をします。
二つ目のLEDランタンはタープ下などで食事をするときなどに必要になってきます。トイレに行くときやお風呂に行くときなどにも。。もちろん懐中電灯でもいいですね。
僕の場合はメインのガスランタン1(200W相当/約1543lm)・LED2(280lm,150lm)・子供が真っ暗だと怖がるのでもう1つ(60lm)寝るとき用に小さなLEDを持っていきます。あくまで目安ですが、明るさの目安としてメインのガスランタンは1500~2000lmあれば問題ないです。サブランタンのLEDランタンは400~600lmあれば問題ないと思います。今は800~1000lm(ルーメン)のLEDランタンがあるのでメインランタンにLEDを使っている人も多いようです。雰囲気を楽しむならガスランタンでいいですが、LEDの方が何かと楽かもしれませんね。全てをガッツリ楽しみたい方はいきなりガソリンランタンにチャレンジするのもいいでしょう。

LEDランタン ファミリーキャンプに必要な明るさって?

ランタンスタンド

North Eagle(ノースイーグル) スタンド ランタンスタンド2 NE752
North Eagle(ノースイーグル) スタンド ランタンスタンド2 NE752

メインのランタンを吊るしておくランタンスタンドです。ランタンスタンドは2.5メートル位まで伸びるものがいいです。ランタンが低いと危険ですし、高さがないと広範囲に灯りを灯すことが出来ません。

ランタンスタンドも各メーカーから出ていますが、ノースイーグルかコールマン、もしくはロゴスあたりを選んだ方が良さそうです。その中でもコスパが最高で一番安定感があるモノがノースイーグルのスタンドだと思います。どのキャンプ道具にも言えることですが、キャンプには荷物の多さから軽量化という流れは否めません。それ故にデメリットとなってしまう商品もあります。

その点ではこのノースイーグルはコスパも良く、安定感では定評があります。その代りに2.9kgという重さはランタンスタンドの中でも一番重くなってしまいます。

あと、ランタンスタンドで注意しなければいけないのは、必ずペグを打つことです。キャンプ場では早めに消灯している人もいるので、いつまでもメインランタンを付けておくことが迷惑になる場合もあります。必然的にキャンプ場は暗闇になるのでランタンスタンドに足を引っかけて怪我をする人や、ランタンスタンドを倒してランタンまで破損させてしまうこともあります。

クーラーボックス

シマノ クーラーボックス フィクセル プレミアム 300 ZF-030N アイスホワイト
シマノ クーラーボックス フィクセル プレミアム 300 ZF-030N アイスホワイト

食材や飲み物を冷やしておくのに必要ですね。クーラーボックス選びはかなり重要かもしれません!店舗の店員さんに聞くか、レビューを見まくった方が失敗しないと思いますが、初心者の方はコールマンかイグルーというメーカーを選んでおけば無難だと思います。ちなみに紹介画像のクーラーボックスは今のところ僕が思う最強性能のクーラーボックスです。気になる方はCampout!?さんの素晴らしい記事を参考にしてみてください。
容量の目安としては大人2人、子供2人の4人家族であれば一泊二日のキャンプで50リットルのクーラーボックス1つでもいけると思います。二泊三日のキャンプになると50リットルのクーラーボックス1つと30リットルのクーラーボックスを1つ用意した方がいいですね。後は移動中などにすぐに取り出せるよう、もう1つソフトタイプのクーラーバッグ(ホームセンターにあるやつ)も用意した方がいいです。あくまで参考に!

保冷力抜群な最強クーラーボックス「フィクセルプレミアム」を入手! Campout!?

クロックス オンラインショップ

ウォータータンク

尾上製作所(ONOE) ウォータータンク22L コック付 OW-22C
尾上製作所(ONOE) ウォータータンク22L コック付 OW-22C

尾上製作所(ONOE) ウォータータンク22L コック付 OW-22C

初めてのキャンプでわりと忘れやすいのがウォータータンクです。キャンプ場には水道もありますが、そこまで行かないと手を洗えないっ。なんて状況になっては大変でしょうがありません。特にファミリーキャンプでは子供達の衛生面においても1つは必ず用意した方がいいですね。

手を洗ったり、テーブルを拭いたり、コップをゆすいだりと思ったよりも水量も使うことになると思います。

10リットル位のを2つ用意したり20リットルのを1つでもいいので用意しましょう。決して見た目は恰好がいいとは言えないので、お洒落なウォータータンクがいい!という方はイグルースタンレーなんかも良いですね。

虫よけスプレー

スキンベープ 虫よけスプレー ミストタイプ 爽快シトラスマリンの香り 200ml(約666プッシュ分)
スキンベープ 虫よけスプレー ミストタイプ

究極に忘れてはいけないのが虫よけスプレーです。これはファミリーキャンプに限らず絶対に持って行かないと地獄だと思っています。

こちらも案外忘れてしまいがちで、初めてキャンプする方はこれで痛い目に合うことは少なくないようです。僕たちは自然を楽しむためにキャンプに行くわけですが、そこは自然界の住人?住虫?たちの生きる場所です。場所によっては着いたとたんに何十匹もの蚊の大群に囲まれます。何か所も刺されたら痒くて寝れないし、ただただ辛い思い出になってしまうかもしれません。。確実に忘れてはいけないリストに入れておきましょう!
この商品はうちの妻がたまたま買ってきた商品でしたが、もう一つサイト内周辺にフマキラー虫よけスプレーヤブ蚊バリアの組み合わせでメチャクチャ効き目ありました!それこそ蚊の大群に囲まれるような状況、、ヤバイ、、、今回は死ぬかも、、、と思っていたのですがいつの間にかクワガタかカミキリムシ(どうしても光に寄って来る)ぐらいしか飛んでこなくなっていました。今のところ僕が思う最強の虫よけ対策ですね。あ、あと蚊取り線香もテントやタープの周辺に置いておいた方がバッチリですよ。
肌に合う、合わないは分からないので研究してみてね!

救急セット

パラディニア ファーストエイドキット 救急セット 18種類53点セット
パラディニア ファーストエイドキット 救急セット 18種類53点セット

救急セットも必ず忘れないようにしましょう。

普段の生活と違ったキャンプでは大人も子供も思いっきりアウトドアを楽しむことが出来ます。けど、はしゃぎ過ぎて怪我をしてしまうことも良くあります。怪我の大小に関わらず、最低限の応急処置対策はしておきましょうね。特にこういったセット商品の購入をすすめているわけではないので、各自で必要なモノを用意することをすすめます。しかし、蜂や蛇の被害にあったときはポイズンリムーバーという毒を吸引してくれるモノがあるので、少しでも症状の悪化を防ぐためには持っておいた方がいいと思います。

あったら、いいなぁ~。。 シリーズ

ここからは、「今は全部そろえなくてもいいけど、あった方が便利だよね!」っていう感じのモノを念のためご紹介していこうと思います。今までご紹介してきたモノはキャンプを始めるにあたり最低限必要になるものを挙げてきました。もちろん一気に全部揃える必要もないし、少しづつ自分に必要なモノを足していけると楽しいですよ!もし、これだって必要じゃないの?なんて気付いた方はコメント欄で教えて頂ければありがたいです。また、僕がこれまで挙げてきたモノ以外でも個人的に必要だと思うモノは各自で用意しましょうね。

それでは、あったら、いいなぁ~。。シリーズ いってみましょう!
ツーバーナー

ユニフレーム(UNIFLAME) ツインバーナー US-1900
ユニフレーム(UNIFLAME)
ツインバーナー US-1900

ユニフレーム(UNIFLAME) ツインバーナー US-1900
iconガス式ツーバーナーは初めから必要とするものではないですが、あった方がスムーズなキャンプが出来ます。僕も愛用してますよ!
バーナーにもホワイトガソリン式とガス式があります。ホワイトガソリンは燃料費は安く済みますが、毎回ポンピングという作業があり、使用後にもガソリンの抜き取りをしなければなりません。その点を考えるとガス式はコンロにガス管をセットするだけなので、すぐに調理をでき片付けもガス管を外すだけなので簡単です。初心者の方にはガス式の方がいいかもしれないですね。ポイントはランタンとバーナーの燃料は統一した方がいいですよ。

ツーバーナーの利点は雨が降ったとしてもタープ下で調理でき、朝食の準備なんかも早く出来ることですね!子供はすぐに遊びたいですからパッと準備してパッと食べて、さぁ 遊びいこうっ!って出来ますよ!初めはイワタニでもあれば十分ですね。

バーナースタンド

ユニフレーム(UNIFLAME) ツインバーナー+キッチンスタンドII
ユニフレーム(UNIFLAME)
キッチンスタンドII

ユニフレーム(UNIFLAME) キッチンスタンドII
iconツーバーナーはそれ単体でも使えますが、どうしても低い位置になるので子供達のことを考えると危険かもしれませんね。
上記で紹介したバーナーもそうですが僕も同じものを愛用しています。バーナーも調理台も丁度いい高さなので凄く作業しやすいですよ。僕はユニフレームのバーナーの火力の安定感も最高だと思っていますが、シンプルなデザインも気に入っています。これにランタンスタンドがセットのバージョンがあれば最高だなぁってましたが、残念。。。ただコールマンのキッチンテーブルの方が機能的でランタンスタンドもセットなのでお得かもしれませんね!デザインで選ぶか?機能で選ぶか?バーナーはユニフレーム!スタンドはコールマン!う~ん、、、むずかしぃ。。。

 

ダッチオーブン

ロゴス ダッチオーブン SLダッチオーブン(バッグ付)
ロゴス ダッチオーブン SLダッチオーブン(バッグ付)

鋳鉄、鉄製、でできた肉厚の鍋です。最近ではIHにも使えるステンレス製のダッチオーブンもありますね。

焼く、煮る、蒸す、炊く、揚げる、蒸すなど、どんな料理もできてしまう万能鍋です。なんでもかんでもダッチオーブンにぶち込んでしまえば、ある程度の時間ほっといてもワイルドな料理ができてしまうので「キャンプに来たぞー!」って感じは味わえますね。買ったばかりの状態では使うことが出来ないので、シーズニングという作業が必要になります。使用後は植物油を塗り込んだりする手間がありますが、使えば使い込むほど深い黒色になりブラックポットと言われる状態になります。これに憧れてダッチオーブンを始める男性は多いのではないでしょうか?また、ステンレス製のダッチオーブンはそういったメンテナンスが不要でIH対応で家庭でも使えることから女性キャンパーからも人気がでてきましたね。

キャンプに慣れてきたら挑戦してみると楽しいですよ!

ちょっと休憩。。メチャクチャ格好いいテントです!

妄想汁注意!!



こんな動画ヘタにみるもんじゃないですね。妄想汁が止まらなくなっちゃうので読者さんも道連れにしてみました。。っていうかテントにたどり着けないよね。。

後ろ髪ひかれますが、次いってみましょう!

キャリーワゴン

NEUTRAL OUTDOOR(ニュートラルアウトドア) NT-CW01 オフロードキャリアワゴン 31910
NEUTRAL OUTDOOR(ニュートラルアウトドア) NT-CW01 オフロードキャリアワゴン

もキャンプ場によってリヤカーを借りることが出来ますがキャリーワゴンはあった方が断然いいです。

オートキャンプ(区画が決められている)のように車をサイトの脇に駐車できる場合はキャリーワゴンは要らないかもしれませんが、フリーサイト(空いているスペースならどこにテントを張ってもいい)の場合は全ての荷物を駐車場からお気に入りの場所まで運ばなければなりません。これが一苦労だと思わない人はいないでしょう。。そんな時は絶対にキャリーワゴンが無いと後悔します。小学校3年生くらいの子供達を連れていくのなら、逆に荷物運びを少しでも手伝って貰えます。しかし子供が幼稚園くらいならフリーサイトを諦めるか、キャリーワゴンを用意した方が無難だと思います。またキャンプ場によってはサイトの基準が微妙な所もあるのでキャンプ場の様子を事前に確認した方がいいですね。

色々なメーカーがあるので気にいったデザインを選べると思います。ドッペルギャンガーなんかもカスタマイズできて可愛いですよ!

食器セット

GSI outdoors(ジーエスアイ) パイオニア 16P キャンプセット
GSI outdoors(ジーエスアイ)
パイオニア 16P キャンプセット

GSI outdoors(ジーエスアイ) パイオニア 16P キャンプセット

食器類は僕としては微妙な位置づけですね。。確かに一つのメーカーのセット商品で揃えた方が格好いいし、このGSIのホーローセットは憧れます。ちなみに僕は100円shopで食器類は揃えてます。が、食器類にこだわる人は臭いが合わないという問題があるようですね。軽くて割れないメラミン樹脂の食器は臭いが駄目という人もいれば、ホーローは鉄臭いという人もいますね。。
まぁ好みも極端に別れそうなモノなので興味がある方は研究してもらった方がいいですね。僕はコールマンやキャプテンスタッグの安いホーローはお勧めしませんが、どうしてもホーローが良いってなっちゃった方は後悔しないためにGSIあたりを考えた方がいいと思います。下のサイトのメニューから、ブランド・GSIと選択すると沢山の商品が見れるので結構楽しいですよ!色んなブランドもあるので勉強して妄想してみてください。。



ところで、みなさんどうですか?疲れてきたころではないでしょうか?無理してませんか?

僕は疲れてませんよ!(汗)大丈夫です!(汗汗)

ただこの 初めてのキャンプ キャンプに必要なモノって?を part2 で終わらせたいのか?それとも頑張って part3 まで書きとおすべきなのか非常に、おじさん的には迷っています。。。

えっ!?今日はもうやめてくれ?

あっいっっ いやっ そう言われてもぉ~。。

せっかく頑張って勉強してくれている読者さんがいるのにぼっっ ぼくには そんなことできませんっ!

。。。。

え!?大丈夫??

なっ 何がですかぁ~?

。。。。

誰も読んでないですからぁ~っ!?

Σ(゚д゚lll)ガーン

本日も猿芝居に付き合って頂き本当にありがとうございました。

相変わらず お後がよろしくないようで、、、

僕の記事が1ミリでもお役に立てれば幸いです。

 

 

COMMENT FORM

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK